タトゥーを入れて後悔する人が激増!その理由は?

解説の画像

 

タトゥーを入れて後悔する人が激増しています。と言っても、タトゥーを入れる人が増えていると言っても、まだまだ海外に比べれば少ないのはいうまでもありません。

 

反対に海外に比べてタトゥーを入れる人が少ないのは、現状では日本の文化にそぐわないからです。日本では未だにタトゥーと入れ墨を混同している人は少なくありません。

 

厳密いいえば同じです。そう、社会人になった場合は。

 

タトゥーはデザイン性が入れ墨とは違うと言っても社会に出ればそんなことは通用しません。残念ながら認められないということは差別される恐れがあります。

 

ではタトゥーおを入れるとどんな不利益があるのでしょうか?

タトゥーを入れることで起こる様々な不利益や制限

解説の画像

 

タトゥーを入れることで起こる様々な不利益や制限は

 

  • 仕事に影響が出て後悔する

 

タトゥーを入れることは法理で違反したことではありません。個人の自由です。就職する会社での規則でもタトゥー禁止の制限がなければ問題はないかもしれません。

 

しかし何らかの事情でタトゥーが禁止になった場合あなたは会社を訴えますか?会社の他の人間があなたをどう思うでしょう?昇進や昇給ができるでしょうか?

 

上司がタトゥーを入れていたらどう思いますか?袖からタトゥーが見えたら取引先との商談がまとまりますか?

 

日本の社会ではタトゥーを入れての会社員の立場は厳しいと言わざるを得ません。

 

  • 私生活で制限される

日本の社会では公共の場所でのタトゥーを入れた人の入場ができません。禁止されています。
例えばお風呂ですね。プールなんかも禁止です。ゴルフ場も禁止です。

 

キレイなお姉さんが汗をかいたあと、お風呂にも入れません。実際友人の女性が見ました。

 

  • 子供が生まれてから後悔

子供が生まれると地域の集まりなんかがあります。学校行事もあります。運動会、プール。参加できないことも多々あります。

 

タトゥーを入れても後悔しない場所

解説の画像

 

タトゥーを入れても後悔しない場所なんてありません。少なくとも日本では。

 

もしどうしてもタトゥーを入れたいのであれば職業は限られます。その覚悟が必要です。

 

地域密着の皮膚科で安心して受けられる刺青レーザー【中島皮フ科】

 

解説の画像

刺青・タトゥー除去なら半額モニター価格で!【池袋サンシャイン美容外科】

 

解説の画像